December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【ミス・シェパードをお手本に】(2016年)

■The Lady in the Van


マギー・スミスがホームレスを演じています。これが作者の回顧録で、大体実話だってコトに驚いちゃいました。彼女の境遇に同情はするけど、「ありがとう」の一言すら頑なに言わない偏屈な人なんですよ。それでも彼女に(一応)手を差し延べる通りの住民たちに対して、なんで??と思っちゃう私は冷た過ぎるのかな。 あ、ヤな話ではなかったですよ。楽しめました。

ところで、チラっと出てくるチョイ役たちがいちいち、(名前も分かってる俳優も含め)見覚えのある顔だらけなため、どうなってんだ??とポカンとしながら鑑賞終了。気になってすぐに調べたところ、「ヒストリー・ボーイズ」の出演者が生徒から先生までみんな出てたようです。

知りませんでしたが、作者/脚本家(アラン・ベネット)と舞台演出/映画監督(ニコラス・ハイトナー)が共通だったんですねー。アラン・ベネットの名前を知ってたら見る前から分かってたコトなんでしょうな^^; 主人公もアラン・ベネットだし。

個人的には、昨年突然「この人、好き!」って私の中でほんの一瞬盛り上がった、ジェイミー・パーカーに全く気づけなかったことにショボーン。もう一回見て全員確認するよー



【ヴィンセントが教えてくれたこと】(2014年)

■St. Vincent


不良老人が隣りに越してきたひ弱な少年と友情を築くハートウォーミングコメディ。
感動ポイントもあるけど話が色々と安易すぎたので、感想はフツー。

我が道を行くビル・マーレイ節を楽しめるのと、まっとうな母親を演じるメリッサ・マッカーシーの物珍しさ、賢くて物分りの良い息子の可愛さ、イメージになかったダンサー/フッカーを演じたナオミ・ワッツのロシア語なまりとちょっぴりオモシロキャラ、別に面白くないけど妙に印象に残る担任の先生クリス・オダウド・・・と、見るところは無くもなかったかな。

そうそう、あの息子役の子は、カワイイ!!と気になっていたいた、ドクター・マスターズの息子役の子(Jaeden Lieberher)だった。難しい名前だけどドイツ系でしょうかね?


【Der geilste Tag】(2016年)

■Der geilste Tag


「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」の21世紀アップデート版(ユーチューバーだもの)って感じのお話でしたね。(リメイクではないはず)

病で死期が近い男二人が出会い、死ぬ前に最高の一日を過ごそうぜ!と病院を抜け出して旅に出る、というロードムービーです。

道中、色々ありながらドキドキもヒヤヒヤも大してありませんでしたが、この状況でなければまず友達になりえない二人の関係も面白いし、テンポもよくて楽しかったですよ。結末もこねくり回してあってビックリしましたし。

笑いは子供っぽい感じだけど、マティアス関連のコメディってまぁいつもそうですしね(笑) 私はイイ感じに楽しめました^^

監督、脚本、主演:フローリアン・ダーヴィド・フィッツ
プロデューサー、主演:マティアス・シュヴァイクホーファー

tumblrへgif-setを投稿しました!


【ウィークエンドはパリで】(2013年)

■Le Week-End


結婚30年目の夫婦が思い出の地パリへ週末旅行に。しかしふとしたきっかけから、お互い長年抱えていた不満をぶつけ始め・・・。

ジム・ブロードベント、リンゼイ・ダンカン、ジェフ・ゴールドブラム

突然不機嫌になったりケンカになったり、それでもチャッチャと仲良し夫婦に戻ったり。長年連れ添ってる夫婦ってこんなモンなのかな。

私には特に面白くなかったけど、突然いい終わり方を迎えて後味だけ良かったよね。

【イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密】

■The Imitation Game


1939年、ドイツ軍と戦う連合軍。解読不可能と言われるドイツ軍の暗号機 "エニグマ" の解読が、天才数学者アラン・チューリングを含む特別チームに任され・・・。

ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイ、マシュー・グード、マーク・ストロング、アレン・リーチ

カンバーバッチ氏はやっぱり、一般から一風ズレた天才の役が似合いすぎる。面白かった。

【天才スピヴェット】(2013年)

■The Young and Prodigious T.S. Spivet


ジャン=ピエール・ジュネ作品。
3Dだったんですねー。確かに、列車の走るあの景色に3Dで奥行きが見られたらステキだったんだろうなぁーと思いました。もちろん遊び心のある映像表現の数々も、楽しい効果になっていたのでしょうねー。

それはいいけど、このカラフルでポップな映像と言語が英語(アメリカが舞台)ってこととヘレナ・ボナム=カーターのせいか、途中からティム・バートン映画かと錯覚しちゃいましたよ。いや、文句じゃないです。家族のステキな物語でした。



【シェフ 三ツ星フードトラック始めました】(2014年)

■Chef


ジョン・ファヴロー監督、脚本、主演作品。
ヤな奴がほとんど出てこない、気軽に気持ち良く楽しめる映画でした!
"仕事は一流だけど父親としては最悪"、とかアリガチな話を勝手に先読みしたりしましたが、全然そんなことはない安心設計。
料理評論家の酷評が元でピンチに陥るも、そんなに苦労も見えること無くトントン拍子に復活!現実味は感じにくいけど、楽しいから全然OK!!

とにかく主人公の作る料理のあまりの迫力(カロリーにビビる!)に、自分が食べたわけでもないのに妙に罪悪感を感じてしまいました^^;結局アノ手の食べ物に弱いんですよねー


【ビッグ・アイズ】(2014年)

■Big Eyes


ティム・バートン作品。
絵の才能のある妻が描いて商才のある夫が売る。お互いが自分の役割をわきまえて上手くやっていければ、最強チームだったかもしれないけども・・・。

この夫は、ひたすら口だけで生きてきたズルい男だったわけですが、なんとなく憎めないとか思っちゃう私も彼の口車に乗せられたのか^^;
エイミー・アダムスもクリストフ・ヴァルツもよくハマっていて、とても良かったです。




【6才のボクが、大人になるまで。】(2014年)

■Boyhood


R.リンクレイター監督による、一人の少年の6才から18才までの成長を追った165分の作品。同じキャストで実際に12年かけて撮影されたという話題作ですよね。

大してドラマティックなことが起きるわけではないのに、十分引き込まれました。会話が面白いからかな?

関係ないけど、私の中では "アウグストとマティアスの 「Frau Ella」(2013)の曲" だった Family of The Year の「Hero」が、このメジャー作品に取られちゃった感がちょっと寂しかったり。
※名曲ですから、更に他の映画にも使用されているそうですけどね。



【ファーナス/訣別の朝】(2013年)

■Out of The Furnace


クリスチャン・ベイル主演の男くさいクライム系(?)ドラマ。
ケイシー・アフレック、ウディ・ハレルソン、フォレスト・ウィテカー、ウィレム・デフォー、ゾーイ・サルダナと豪華キャストが揃ってますが、とにかく地味でした^^;
ドコに文句付けたいってわけじゃないけど、すぐ忘れちゃいそう...。 

映画の感想には影響しませんが、バックにパール・ジャムが流れながら見るクリスチャン・ベイルってのは、妙に違和感を感じる。


12345>|next>>