November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【プリデスティネーション】(2014年)

■Predestination


タイムパラドックス・サスペンス。・・・だとは前半では全く気づかず。途中まで、渋い身の上話のドラマだと思って観てました。

2人の会話と回想で淡々としていた前半から、後半の時空云々な展開に入っても、いかにもなSF的派手さは無いんですよ。視覚効果で誤魔化されて話の軸がブレないようになっているんですかねー?SFファンでない私にはこれがイイカンジに思えました。

観た後で「あーなってこーなって・・・」と反芻が楽しめる面白いお話でしたよ!イーサン・ホークの名前を追って観た映画って、あんまりハズれないなー・・・と今さらながら気付いたり(笑)

あと、ノア・テイラーも見れてラッキー♪


【ナイトミュージアム/エジプト王の秘密】(2014年)

■Night at the Museum: Secret of the Tomb


大ヒットシリーズの3作目。今回は大英博物館。舞台を変えてもお馴染みのキャラクタ達の動きが変わるわけでもないので、さすがにマンネリは感じますが、そんなことはどうでもいいですね。

これは、ダン・スティーヴンスを愛でるための映画でした!

円卓の騎士ランスロット役です。甲冑を身につけ長髪にヒゲというワイルド系ではありながら、ダウントンのマシュー以上の気品を漂わせるあのキャラがたまりません。声や話し方がいいんでしょうかねー。もちろん、剣さばきとそれに伴うあの表情も相当カッコいいです!その美しさにオクタヴィウスがメロメロになってました!(どーでもいい?) そしてもちろんコミカルな演技も見せています。あのゲストスターとの絡みのシーンも良かったですよね♪

シリーズ通して館長を演じたリッキーは、今作ではいつもより少しだけ多く活躍していたように感じました。英国へ付いて行くまではしてませんでしたが・・・ザンネン







【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】(2014年)

■Guardians of the Galaxy


宇宙モノって興味ないんだけど、ブラッドリー・クーパーが声を務めたキャラがオモシロそうだったので観てみました。

これは楽しい!!物語はどうってことないし、よく解んないトコもある(というか次回持ち越し分か...)んだけど、大小色々とギャグがとにかく楽しくて!

今どきの映画は、人間じゃないキャラクタの動きや表情がホントよく出来ててすごく魅力的なんですよね〜。ノリノリのブラッドリーの声の演技にもとても楽しませてもらいました!

グルートのフラワーロックがあるなら是非ほしい!!


【シャドウハンター】(2013年)

■The Mortal Instruments: City of Bones


大人気のジェイミー・キャンベル・バウアー(個人的には何度見ても "たまに素敵にみえる" 程度ですけど)と、もちろんジョナサン・リース=マイヤーズ目当てで録画しました。

悪役ヴァレンタインの目的など、この世界で起きていることが簡単な説明で済まされたまま、失われた聖杯探しと奪い合いという表面的な所ばかりがメインになっていたからか、全然引き込まれなかったですね。
まずはこれの前にヒロインの親世代の話で一作あるべきだったんじゃないのか?と思うくらい、背景が理解できず結局何をやってんのかがイマイチよく解らなくて、残念ながらあまり楽しめませんでした。

ま、若手の活躍が中心で、ジョナサンの出番は少なめだったからかもしれませんけど^^;
ジョナサンとジェイミーが剣で戦うシーンが一番良かったです♪そこだけはどちらも凄くカッコ良かったですよ。ヒイキじゃなくてホントに。

Tumblrへgif-setを投稿しました





【ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!】(2013年)

■The World's End


学生時代に成し遂げられなかった、1晩で12軒のパブ巡りに再挑戦するため地元に戻ってきたアラフォー5人組の話。

学生時代から成長しないままおっさんになったゲイリーが、社会に出てすっかり大人の生活をしているかつての仲間を集めて・・・ 「アメリカン・パイパイパイ」の酔っぱらい版か?てな感じに始まりましたが、途中で突然地球規模の危機が迫っているというSFに!!ビックリしました。「酔っぱらいが世界を救う!」というのは大げさな比喩かな?と思っていたので、まさかホントにそんな展開になるとはねー。

主人公(サイモン・ペッグ)がスティフラー的なキャラなのでイラっとすることもありましたが(^^;)、全体的には面白かったです♪SFというにはいい加減な感じもしますが、コメディですからねー^^全体を彩るブリットポップがゴキゲン♪




【ゼロ・グラビティ】(2013年)

■Gravity


公開当時、観た人がみな口をそろえて「劇場で3Dで観るべし!」と強く訴えていたこの映画を、家で2Dで観ました。サスガー

・・・・・・ひ〜ん、怖かったよぉ〜><あんなとこに一人残されたら・・・パニックどころじゃないですよね。そこに地球見えてんのにぃ!!みたいな。息苦しくなってくるし。こんなのを臨場感たっぷりで観たりしたらもぉ!窒息死しちゃうよ!

一部、私が昨日観た「ディス・イズ・ジ・エンド」に似たところがありました。大丈夫じゃないのについ「大丈夫!その方がいいから!」と声をかけてしまいました。(両方観た人ならきっと解る)


1