November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【キングスマン】(2014年)

■Kingsman: The Secret Service


国家に縛られず秘密裏に正義を遂行する国際的スパイ組織キングスマンのエース・エージェント。彼は失った仲間の欠員を補充するため、貧困地区に暮らす恩人の息子をスカウトし・・・。

コリン・ファース、マイケル・ケイン、タロン・エガートン、マーク・ストロング、ソフィア・ブテラ、サミュエル・L・ジャクソン、マーク・ハミル

アクションシーンがカッコ良い映像だった。残酷シーンがギャグになってる所もスキ。

【お!バカんす家族】(2015年)

■Vacation


弱小航空会社のパイロット、ラスティは、マンネリ気味の家族を元気づけるため、自身の思い出のテーマパークを目指して一家でアメリカ横断の旅にデルが・・・。

エド・ヘルムズ、クリスティナ・アップルゲイト、レスリー・マン、クリス・ヘムズワース

低次元ギャグを散りばめた予想通りの低次元コメディ。エドやクリスティナの体を張った(まぁ恐らく王道な?)ギャグは、そんなモンだよねって感じだけど、クリス・ヘムズワースはこういうのを演る人だったの?とビックリしました。

恐怖のトラックの運ちゃんがあの人!ってのは嬉しい驚き。

【美しい絵の崩壊】(2013年)

■Two Mothers


大親友同士のロズとリル。それぞれの同い年の息子たちも仲良し。ところが息子の一人が親友の母親に恋心を抱き・・・。

ナオミ・ワッツ、ロビン・ライト、ゼイヴィア・サミュエル、ジェイムズ・フレッシュヴィル

母親たちは確かに美しい。でもこの話は気持ち悪い。申し訳ないけど。

【ウィークエンドはパリで】(2013年)

■Le Week-End


結婚30年目の夫婦が思い出の地パリへ週末旅行に。しかしふとしたきっかけから、お互い長年抱えていた不満をぶつけ始め・・・。

ジム・ブロードベント、リンゼイ・ダンカン、ジェフ・ゴールドブラム

突然不機嫌になったりケンカになったり、それでもチャッチャと仲良し夫婦に戻ったり。長年連れ添ってる夫婦ってこんなモンなのかな。

私には特に面白くなかったけど、突然いい終わり方を迎えて後味だけ良かったよね。

【インターンシップ】(2013年)

■The Internship


失業した元セールスマンコンビが、Google のインターンシップに応募し・・・。

ヴィンス・ヴォーン、オーウェン・ウィルソン、ローズ・バーン、マックス・ミンゲラ、ディラン・オブライエン

Google 社内の様子は見ていて楽しいですね。
起承転結どこを取ってもヴィンス・ヴォーンお得意のパターンで目新しさはナシかな。

オーウェンはカワイイ。

【シャークネード カテゴリー2】(2014年)

■Sharknado 2: The Second One


のっけからコレコレ♪って展開でヒャッホ〜ゥ!ってなりましたが、その後がイマイチ・・・。サメの量を増やして迫力アップを図った様だけど、ほとんどがタダの背景になっちゃってて、恐怖も面白さも全然感じなかったですね。

【イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密】

■The Imitation Game


1939年、ドイツ軍と戦う連合軍。解読不可能と言われるドイツ軍の暗号機 "エニグマ" の解読が、天才数学者アラン・チューリングを含む特別チームに任され・・・。

ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイ、マシュー・グード、マーク・ストロング、アレン・リーチ

カンバーバッチ氏はやっぱり、一般から一風ズレた天才の役が似合いすぎる。面白かった。

【クレイジー・ドライブ】(2014年)

■Stretch


パトリック・ウィルソンがクズ男を演じたクライムコメディ!

登場から「うわっ!」と目を閉じてしまうほど(でも戻して見た...ヲイ)ヤバい変態ヤローなクリス・パインに振り回されながら、悪夢の一夜をリムジンと共に駆け抜けるハジけたパトリック!!小汚くてカッコ良かないけど、よくやってくれました!

チョクチョク出てきてはパトリックを奮い立たせるエド・ヘルムズは、上手くやっているハズなのに、周りのアクが強すぎて結局ぜんぜん印象に残らないのが可哀想だったかもね。

何人かのカメオ出演がある中で、ノーマン・リーダスが無意味にヤバ過ぎてポカーン。



【ホーム・スイート・ヘル/キレたわたしの完全犯罪】(2015年)

■Home Sweet Hell


尻に敷かれるナヨナヨ夫を演じるパトリック・ウィルソンがカワイかった(ただ情けないだけ)のと、デスパのブリーそっくりなキャラを演じるキャサリン・ハイグルがピッタリだった(顔・イメージ)のと、セクシー小悪魔を演じたジョーダナ・ブリュースターがエロかったのと・・・ そんなトコかな。

恐妻家の男が自分の店の新人従業員と不倫。彼女から妊娠を告げられ・・・。

見たまんまのブラック・コメディは分かりやすいけど、もうちょっと「ありそ〜」感のある裏の怖さを漂わせる話だったら、更に面白い作品として印象に残ったかもしれない。



【ビジネス・ウォーズ】(2015年)

■Unfinished Business


ヴィンス・ヴォーンは最近なに観ても同じだからもういいかな?なんて思いつつ、でももしかして何か...とか考えて録画しちゃう。

いわゆるエリートにはなれないけど、やる気と人柄(?)でビジネスを成功させるべく奮闘する男とか、実際はイマイチだけどけど良い父親であろうと奮闘する男とか・・・私の中では最近の彼はそんなイメージが強い。で、この映画も、まさにソレ。

安定のハマリ役とも言えますが、良い人キャラなのに好きになれないってのはキツいですねー。(えぇ、顔ですよ。ゴメンね。)

トム・ウィルキンソンとデイヴ・フランコ、シエナ・ミラー、ジェイムズ・マースデンとニック・フロスト、といった共演者たちの活躍もあって面白い部分も無くはないですし、悪い内容ではないはずです。
<<back|<123456>|next>>