July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【パーフェクト・センス】(2011年)

■Perfect Sense


人間の嗅覚が失われる奇病が蔓延し始めた。原因も正体も感染の仕方も何もわからないまま、順々に五感が失われていく。そんな中、感染症学者のスーザンは自宅アパートの向かいのレストランのシェフ、マイケルと出会い・・・

謎の奇病が世界を襲い、人類の終末が迫る勢いの恐ろしげな条件下で愛を育むカップルを描いたラブストーリーです。

謎の病が次々と広がり、すべての人類に不自由が出始める。それでもなんとか普通の生活を続けようと工夫する人々の様子は、一般人の生活レベルの現実的に見える世界を描いていました。

しかし話の中心が恋愛中の主人公2人なので、パニック映画の趣ではありません。完全に愛がテーマになっているので個人的には観やすかったですけど、ちょっと変わった映画だったのかもしれません。





【シェルブールの雨傘】(1963年)

■Les Parapluies de Cherbourg


若くてメチャメチャ可愛いカトリーヌ・ドヌーヴ主演のミュージカル・ラブストーリー。
有名作品ですね。私は今回初めてみました。

傘店の中や部屋の内装などのカラフルで華やかな雰囲気に加え、セリフが全て歌なため、終始ルグランのステキな音楽に彩られていました。
しかしドヌーヴによる、可愛らしさとは裏腹な酷い仕打ちにショックを受けましたね。

歌声はギイ役のニーノ・カステルヌオーヴォが良かったんですが、本人でしょうかねぇ?


<<back|<12