September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【サード・パーソン】(2013年)

■Third Person


パリ、ローマ、ニューヨークの3ヶ所でそれぞれ展開される接点のない3つの物語。・・・のように始まるけれど、所々に「あれ??」っとなる要素があって頭ン中がこんがらがって行ったヒューマン・ミステリでした。

どうなっているのかが解りたいので集中して観られたし好きな雰囲気ではあったけど、真実が分かった後にもう一度観直してみようってほどの事ではなかったですかね。

個人的には結局オチがどうであるかよりも、愛情がテーマの地味な物語を3つのんびり眺めた感が心地よかったのかもしれません。作者様には申し訳ないですけども。・・・て、今に始まったことじゃないですが。

※エイドリアン・ブロディの偏平足を目撃








【ステイ・コネクテッド〜つながりたい僕らの世界】(2014年)

■Men, Women & Children


これ、好きな系統でした♪地味系だと思いますが面白かったです。
『ネット社会の中で他者との繋がりを求める人々の姿を描いた群像劇。』

とは言ってもネット社会の闇やらなんやらという話より、現代の普通の高校生とその親たちのありそ〜な日常って感じでしょうか。もう「インターネットって怖〜い」なんてことをあえて言う必要などないですもんね。

娘にPCもスマホを与えながら、その通信内容を細かく監視、"害のある" メッセージを受信すればすかさず削除、娘の実際の居場所もGPSで監視、と終始○チガイじみた過干渉っぷりが強烈なジェニファー・ガーナーがとにかく凄まじかったですね!

あの内省系好印象カップルが、「アメリカン・ビューティー」の T.バーチ& W.ベントリーを連想させてお気に入りでした。



【あなたを抱きしめる日まで】(2013年)

■Philomena


実は私は頑なな嫌宗教者なので、こういう映画は「ったく、これだから・・・」と眉間にシワ寄せながら観たり、ガッツリ批判的な内容であれば小気味良さにニヤリとしながら観たり、といった感じになるわけですが。

これはちょっと違いましたね。カトリックの修道院を批判する内容でありながら、それを信仰する人の信念も描き敬意を示すという、悪く言えば(笑)生温さのあるこの映画。こんな私の性格の悪さを引き出させない、ニクい観せ方をしてくれたって感じです。

そんなことより何よりもフィロミーナの可愛らしいキャラクタと、無神論者のインテリジャーナリストとの可笑しな掛け合いや関係が楽しいんですよねー。憎しみや悲愴感などが上手いこと中和されました。
ヘタすると憎たらしいキャラになりそうなジャーナリストも問題なくいい人で、二人が完全にいいコンビになっていたのも良かったです。良い映画でした。





【ラッシュ/プライドと友情】(2013年)

■Rush


70年代の有名F1レーサーの伝記映画。F1とか全く興味ないし知らないけど、ダニエル・ブリュールだからとりあえず観ておくか、と録画しました。

初めはレースの迫力やなんかより、ハントとラウダそれぞれの全く違った人物像を描くドラマになっていたので、とても入りやすかったです。真逆くらいの性格や考え方のライバル同士がどんな関係になっていくのかな?など、それぞれの生き様を楽しく追っていけました。結局 "プライドと友情" 的なお話に弱いんですよねー♪

後半に行くにつれて、上手いことレースにも興味を持って行かれて、最終的には最高潮な興奮の余韻を残してくれました!お陰ですごく面白かった!という印象が残ってます!

ダニエル・ブリュールが演じたニキ・ラウダは事故で大火傷を負ったと聞いていたので、映画の大半が痛々しい姿だったらやだな・・・と不安だったのですが、事故以前のシーンが大半だったので良かったです^^;







【ピアニスト】(2001年)

■La Pianiste


イザベル・ユペール目当てで録画したら、相手役がブノワ・マジメルでプチラッキー。衝撃的でなかなか不快な映画ですが、ユペールが期待通り引き込んでくれたので私はかなり楽しめましたよ。

家庭環境が原因と思われる特異な性癖を持つ(たぶん男性経験のない)中年の女。見れば見るほど彼女が痛々しくて可哀想でツライ(・・・けど実は、笑っちゃう所も多い)

彼女に好意を持った素敵な若い男を突然ドミナントな姿勢で翻弄するも、いざその彼に託す長年の妄想はサブミッシヴ?というかマゾ?・・・いや、結局のところ自傷願望か。

心の傷が性癖に表れた人ということで、「フィフティ・シェイズ」シリーズのクリスチャンを連想しましたが、心理的に何がどうなって影響が出るモンなのかがやっぱりよく理解できないので、「可哀想」でやり過ごしちゃうんですよね^^;
母親のクソババアっぷりが悪いんだわ、結局。



【ブルージャスミン】(2013年)

■Blue Jasmine


地道に働き細々と暮らす妹の彼氏を負け犬と罵る自分は、全財産を失った元セレブ妻。普通に暮らす妹を頼ってNYから西海岸へ移ってきたものの、贅沢暮らしの感覚とプライドが抜けない彼女は更に落ちていく・・・

現在すっかり壊れちゃってる彼女ですが、時折はさまれるセレブ期の回想を見ていると、どうもずっと前から壊れてた?って感じの愚かさを持つ女性だったわけですね。知りたくないことから目を背けるってのは楽しく生きる知恵とも言えますが、成長も望めません。私自身もこのタイプなので、彼女のイタさから目を背けたくなりました^^;

それにしてもケイト・ブランシェットによる、エレガントなセレブ妻と独り宙を見つめてブツブツ話す壊れた女。スゴかったです!!


【ハリーとトント】(1974年)

■Harry and Tonto


猫をお供に旅をすることになったおじいちゃんのロードムービーです。間違いないハートウォーミング系だろうと思って録画してみました。

数々の出会いの小さなエピソードの羅列で、ほぼ "雰囲気もの" って気もしましたねー。個人的には好きな"雰囲気"でしたからそこそこ期待した通りでしたが、ザンネンながら取り立てて絶賛したい内容は無かったようです。

主人公のハリーおじいちゃんは年寄りっぽい頭の硬さをありながらも他人のことは柔軟に受け入れる器も持つ、普通に礼儀正しくて賢い人だと思いましたが、彼のワガママでチョコチョコと他人に迷惑を掛ける感じが見ていて若干ツラかったですね。「男はつらいよ」の寅さんに対して感じるようなアレ。





【ソリタリー・マン】(2009年)

■Solitary Man


かつて大成功を収めたが詐欺罪に問われて落ちぶれてしまった還暦間近の男の話。再起をはかろうとするも、女好きが災いして上手くいかず・・・

ビョーキかってくらいに節操なく女に手を出し続け、家族からも見放されて孤独を噛みしめる男。マイケル・ダグラスがこの上ないくらいぴったりハマっていましたねー。でも、ただそれだけって感じでした^^;

こんなダメ男に優しく手を差し伸べた主人公のかつての学友を演じたダニー・デヴィートが、とても温かくてステキでした。


【東ベルリンから来た女】(2012年)

■Barbara


ニーナ・ホスに興味があるので録画しましたが、重そうな気がしてあまり気乗りしないまま観始めました。実際、全体的に地味なつくりの映画で、東からの脱出的なものを扱っているわりに、サスペンスフルなドキドキなど、盛り上がりが特に無いので、万人受けする感じではなかったですね。

でも、重すぎることはなかったし、私はすぐに主人公バルバラの動向に興味を引かれて集中して楽しめましたよ!これは結構好きなたぐい♪

今回初めて映画で見たニーナ・ホスは、イメージ通りのクールでカッコいい雰囲気の女性を演じていました。役人に監視されている、ワケアリの有能な医師。人と深く関わろうとしない人物なため冷たい印象から入りましたが、彼女の事情や強さ、そしてマジメで心優しい面などが見えてきて、とても魅力的なキャラクタとして好きになれました。




【ソウルガールズ】(2012年)

■The Sapphires


1968年オーストラリア、アボリジニ(先住民)居住区。そこに育った三姉妹が、ベトナムの戦地の慰問歌手に応募。見事採用され現地で歓迎を受けて・・・。
実話がベースだそうです。

背景となるアボリジニの歴史に、先住民の存在すら知らなかった私は衝撃を受けましたが、歌手としての活動を始めた姉妹たちの素晴らしい歌に魅せられて、マネージャーとの関係や姉妹+従妹の確執〜絆といった定番かつ後味の良い物語をとても楽しめました!

酔っぱらいのダラシない男ながら、彼女たちの才能を買い指導するマネージャーを演じたクリス・オダウドも素晴らしかったです!ソウルフルな歌も披露していました。所謂いいオトコ役じゃないのに凄くカッコ良くて、彼の大ファンにならずにいられませんでしたよ!!

すごくオススメです♪
<<back|<12345>|next>>