July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【霊幻道士3/キョンシーの七不思議】(1987年)

■霊幻先生


これはまた面白かったですねー!!
キョンシーの定義が変わっちゃってた感じでしたが、一作目の勢いを取り戻したと言える出来なんじゃないでしょうか^^
(「2」が引き立て役になっただけってことは無いよね?)

素晴らしいアクションとお約束系ギャグの数々、そして友情物語などとっても楽しめました♪やっぱり師匠がたっぷり活躍してくれた方がいいですよね〜
製作のサモハンもちょっとだけ出ていましたよ!

【書きました!】→お気軽映画日記





【霊幻道士2/キョンシーの息子たち!】(1986年)

■疆屍家族


これは観たの初めてだったんですよ。放映の予告でユン・ピョウが出てることに気づいたのでちょっと楽しみにしてました♪

けど(予想はしてましたが)ベビーキョンシーの可愛さと、人間の子どもたちとの交流なんかを盛り込んだハートウォーミング系に走った内容だったため、一作目との毛色の違いへの戸惑いが隠せませんでしたね。

私は前作の方が断然好きでした。「3」まで録画してあるので、そちらも近々観ます。


【ファミリー・ウィークエンド】(2013年)

■Family Weekend


温かい家族という形が崩れてしまったことを嘆く高校生の娘が、ついにブチキレて兄弟と共に両親を縛り上げ、 ”普通" へと軌道修正を図ろうとするコメディです。
ちょっと突拍子もないけど悪くないお話かな^^

ワタシ的にはなんといっても、主人公の妹を演じるジョーイ・キング!!彼女が脇で披露しまくる、映画コスプレ/ナリキリが可愛いし上手いし!!この子にはいつまでもこのままでいて欲しいけど、そうは行かないかしらねぇ^^;



【霊幻道士】(1985年)

■疆屍先生/Mr. Vampire


小学生か中学生頃に観て以来ですよ。
迫るキョンシーに怯え、一緒になって息を止めながら観た覚えがあります^^
今見ても、そういったシーンの緊張感はなかなかのものでしたね☆

しかしそれ以上に、思いっきりコメディだったことにビックリしました!こんなに笑えたんでしたっけ?!
B級映画らしいツッコミ所も面白いですし、数々のテンポのいいギャグやおばかキャラなど、普通に笑えましたね♪アクションも良かったです。






【カルテット!人生のオペラハウス】(2012年)

■QUARTET


ダスティン・ホフマン初監督作品です。
ストーリーだけ追うとえらく地味な内容ですが、ベテラン俳優陣が魅せる笑いと愁いのドラマに釘付けでした^^

個人的には先日名前と顔を覚えたばかりのトム・コートネイ氏のステキキャラを堪能できたのが嬉しかったです!彼にビリー・コノリーが演じたキャラが当てられなくて、ホントに良かったです(笑)

【書きました!】→お気軽映画日記








【泥棒は幸せのはじまり】(2013年)

■IDENTITY THIEF


常識人ジェイソン・ベイトマンが詐欺師のトンデモ女メリッサ・マッカーシーに振り回されるという、ありがちなコメディです。
ジェイソン・ベイトマンがとにかくステキなので、彼を眺めてるだけで十分楽しめました♪微妙に痩せたのかな?・・・あ、違うのか^^;

【書きました!】→お気軽映画日記


【アダルトボーイズ遊遊白書】(2013年)

■GROWN UPS 2


アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェイムズ、クリス・ロック・デヴィッド・スペードなどのお友達コメディ、続編です。

出来的には多分そんなに違わないのでしょうけど、なぜが前作より楽しめた気がしますね。
アダム・サンドラーに慣れたってだけかな?
ま、内容はワイワイしてるだけなんですけどね^^


<<back|<12345